メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

農and食

ワークショップいまかね こだわりの原木シイタケ /北海道

遮光シートで覆った薄暗いハウス内で、シイタケのほだ木を移動させる利用者たち

 今金町の社会福祉法人光の里が運営する多機能型事業所「ワークショップいまかね」では、知的障害のある利用者が職員の支援を受けながら、シイタケの原木栽培に従事している。生産されたシイタケは昨年11月、札幌開催の「第15回北海道きのこ品評会」(北海道きのこ生産・消費振興会主催)の「原木生しいたけの部」で、最優秀賞となる林野庁長官賞に輝いた。

 昨今のキノコ栽培は、生産効率の高い菌床栽培が主流。だが、天然もののような香りや味、歯ごたえを多くの…

この記事は有料記事です。

残り538文字(全文756文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです