メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

F35A墜落

再開、反対意見なく 三沢市長「理解示さざるを得ない」 /青森

いじめ調査の課題について話す青森市いじめ防止対策審議会会長の野村武司弁護士=埼玉県草加市で

 航空自衛隊三沢基地所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落した事故で、20日に三沢市を訪れた防衛省の森田治男審議官に対し、飛行再開を容認する意向を伝えた小桧山吉紀市長は報道陣の取材に応じ、市議会や市民の意見を聞いた結果、反対意見はなく、「理解を示さざるを得ないと伝えた」と話した。徹底した安全対策を行っていることなどを踏まえ、総合的に…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文420文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  3. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  4. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 逃走の男は顔見知りか

  5. 新潟女性殺害で25歳男を指名手配 刃物で突き刺した殺人の疑い 県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです