メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

福島第1原発

廃炉の疑問話し合う 村民らワークショップ 飯舘 /福島

廃炉作業についての日ごろの疑問点を書いた付箋を模造紙に貼り、グループで考えをまとめる参加者たち=福島県飯舘村草野の交流センターふれ愛館で

 福島第1原発の廃炉作業について、住民が理解を深めるきっかけにと、飯舘村で20日、ワークショップ「はいろのいろは」が開かれた。村民ら14人が参加。普段疑問に感じている廃炉に関する疑問や不安について話し合い、解決策を探った。

 原子力損害賠償・廃炉等支援機構が主催する廃炉国際フォーラムのプレイベント。「はじめての福島学」などの著作がある社会学者、開沼博・立命館大衣笠総合研究機構准教授が講師役となり、原…

この記事は有料記事です。

残り301文字(全文501文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

  3. “下町リチウムイオン電池” 「おもろそうや」と無名時代の吉野さん支えた製作所

  4. 被告、声を詰まらせ謝罪 遺族は厳しい視線 「全く伝わらなかった」 大津園児死傷事故・被告人質問

  5. 「怒りどこにやったら…」被害者遺族が陳述 大津園児死傷事故、被告に禁錮5年6月求刑

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです