メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

境町文化施設

隈さん設計 県産材使用の木造平屋、特産品研究開発棟と粛粲寶展示棟 来年3月までに開業 /茨城

文化施設の模型を指さしながら説明する建築家の隈研吾さん(中央)と茨城県境町の橋本正裕町長=東京都港区南青山2で

 世界的建築家の隈(くま)研吾さんが設計を手がける文化施設が、境町に整備されることになった。町の特産品の研究開発棟と、町で晩年を過ごした画家・粛粲寶(しゅくさんぽう)(1902~1994)の作品の展示棟だ。「道の駅さかい」の近くで、来年3月までに開業する。【太田圭介】

 隈さんは2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場のデザインなどを担当。木材を生かした作風で知られ、「和の大家」とも称される。今回、建設される2棟とも、県産材をふんだんに使った木造平屋建てとなる。

 「S-Lab」と名付けられた研究開発棟は、延べ床面積357平方メートル。町特産の干し芋やワインの品…

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文665文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 新潟駅前ビルで20代女性刺され死亡 男逃走

  3. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  4. 新潟県警機動隊員を逮捕 SNSで迷惑行為の疑い

  5. 「立花氏が暴行との表現、誤っているとは言えない」東京地裁が賠償請求棄却

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです