メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬大

微生物に分解されるプラスチック、研究に注目 粕谷教授「漁具など回収困難なものに」 /群馬

海でも分解されるプラスチックの研究開発をする群馬大学術研究院の粕谷健一教授=群馬県桐生市の群馬大で

 国際的な取り組みが急務となっている海洋プラスチックごみ対策として、群馬大学術研究院の粕谷健一教授の研究が注目されている。「生分解性」と呼ばれる微生物に分解されるプラスチックの研究開発だ。粕谷教授は「微生物が少ない海の中でも分解されるプラスチックを作り、近い将来の商品化につなげたい」と話す。【庄司哲也】

 長野県で今月、開催された主要20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合では、海洋プラごみ…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文824文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者25人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです