メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
群馬大

微生物に分解されるプラスチック、研究に注目 粕谷教授「漁具など回収困難なものに」 /群馬

海でも分解されるプラスチックの研究開発をする群馬大学術研究院の粕谷健一教授=群馬県桐生市の群馬大で

 国際的な取り組みが急務となっている海洋プラスチックごみ対策として、群馬大学術研究院の粕谷健一教授の研究が注目されている。「生分解性」と呼ばれる微生物に分解されるプラスチックの研究開発だ。粕谷教授は「微生物が少ない海の中でも分解されるプラスチックを作り、近い将来の商品化につなげたい」と話す。【庄司哲也】

 長野県で今月、開催された主要20カ国・地域(G20)エネルギー・環境関係閣僚会合では、海洋プラごみ…

この記事は有料記事です。

残り622文字(全文824文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  2. 支え合う「移民時代」 すでに永住資格を持つ人が100万人 「ニッポン複雑紀行」編集長、望月優大さん

  3. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  4. 「前の車が遅く、運転妨害された」あおり運転 容疑の男供述 茨城

  5. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです