メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

成田国際空港会社

夏目誠社長、退任前にインタビュー 中国路線、拡充が重要 /千葉

退任を前にインタビューに答える成田国際空港会社の夏目誠社長=成田空港で

 成田国際空港会社(NAA)の夏目誠社長(71)は20日、退任を前に毎日新聞のインタビューに応じた。空港の発展には航空路線のさらなる拡充が不可欠との考えを示した上で、「中国を中心にアジア路線を伸ばすことが重要。発着枠の関係で羽田空港は限られ、格安航空会社(LCC)が伸びていく可能性は成田にある」と話した。

 羽田空港の国際線の年間発着回数が2020年に3・9万回増えるなど、国内外の空港との競争が激化する中、夏目社長は「限られたパイを成田と羽田で奪い合うのでなく、伸びる需要を首都圏の両翼として受け止めるべきだ」と述べた。成田の特徴について「世界119都市と結ばれ、羽田の4倍近くの幅広いネットワークがある。だが、中国路線は23都市と貧弱で、拡大すれば中国のたくさんのお客様が利用するようになる。フルサービ…

この記事は有料記事です。

残り403文字(全文756文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  2. どうやって予防するの?妊娠している人への影響は?…新型肺炎、その心構え

  3. 和歌山で新たに3人感染確認 国内初の10代、外科医の息子

  4. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  5. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです