メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・アートを歩く

芸術さんぽ 鎌倉文華館鶴岡ミュージアム(神奈川県鎌倉市) 建築遺産を次世代へ /東京

ハスの葉が茂る鶴岡八幡宮の平家池から見た「鎌倉文華館鶴岡ミュージアム」=神奈川県鎌倉市で

 参拝客らでにぎわう鶴岡八幡宮の境内に8日オープンした。白い外壁で、平家池や参道からの景観が美しい。

 前身は、1951年開館の神奈川県立近代美術館。近代建築の巨匠ル・コルビュジエに師事した建築家、坂倉準三氏が設計した日本の近代建築の傑作で、市民や地元の文化人らに愛された。

 施設の老朽化が進み、八幡宮との敷地貸借期間が満了したことから、美術館は2016年に閉館。敷地は更地にして返す契約だったが、「価値ある建物を残して」という声が県や八幡宮に多数寄せられた。八幡宮が美術館本館を引き継ぎ、改修。鎌倉の新たな文化発信拠点として次世代に「遺産」をつないだ。

 新施設は、数度の改修で変更された坂倉氏のデザインをオリジナルに戻す方向でリニューアルした。2階の大…

この記事は有料記事です。

残り462文字(全文788文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです