岐阜市

新庁舎「EV復活なし」 市議会で市長 /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 岐阜市が建設中の新庁舎で「特権的」と批判を受け、柴橋正直市長の判断で設置を見送った南東部のエレベーター(EV)の空洞部分について、柴橋市長は20日、2021年春の開庁後に活用のための工事をする方針を明らかにした。市議会一般質問でEV復活の可能性を問われた柴橋市長は「復活の気持ちはない」と明言した。

 堀田信夫議員(共産)の質問に答えた。市…

この記事は有料記事です。

残り224文字(全文394文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集