メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

みのひだ写真館

旧神岡鉄道・枕木交換会 お疲れ企画人気に 家族連れら、全国から33人 /岐阜

枕木交換に挑戦する子どもたち=岐阜県飛騨市神岡町東雲で

 2006年に廃線になった旧神岡鉄道(19・9キロ)の軌道を自転車で走るレールマウンテンバイク「ガッタンゴー」で、「第12回枕木交換会」が開かれた。東海3県をはじめ、関東や関西地方から参加した家族連れや鉄道ファン33人が、作業に汗を流した。【大竹禎之】

 枕木交換会は、毎年恒例のファンイベント。「素人が!大ハンマーで杭(くい)を打つ!!初夏のヘトヘトお疲れ企画!?」と銘打ち、全国から毎年、鉄道ファンらが詰めかける。

 開業初年度はスタッフが枕木の交換をしたが、作業の動画がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)で流れると、自分たちも体験してみたいとの意見が多く寄せられた。ファンイベントとして実施したところ好評で開催が定着したという。

この記事は有料記事です。

残り412文字(全文734文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゴーン被告逃亡の手助けした米国人2人の身柄、日本に引き渡しへ 米当局と合意

  2. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  3. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 石破派、動揺続き「無政府状態」 会長辞任1週間 突然の例会中止 他派閥は引き抜き工作

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです