メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
みのひだ写真館

旧神岡鉄道・枕木交換会 お疲れ企画人気に 家族連れら、全国から33人 /岐阜

枕木交換に挑戦する子どもたち=岐阜県飛騨市神岡町東雲で

 2006年に廃線になった旧神岡鉄道(19・9キロ)の軌道を自転車で走るレールマウンテンバイク「ガッタンゴー」で、「第12回枕木交換会」が開かれた。東海3県をはじめ、関東や関西地方から参加した家族連れや鉄道ファン33人が、作業に汗を流した。【大竹禎之】

 枕木交換会は、毎年恒例のファンイベント。「素人が!大ハンマーで杭(くい)を打つ!!初夏のヘトヘトお疲れ企画!?」と銘打ち、全国から毎年、鉄道ファンらが詰めかける。

 開業初年度はスタッフが枕木の交換をしたが、作業の動画がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ…

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文734文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 「いじめ許さない、と司法のメッセージを」大津中2自殺訴訟控訴審で遺族訴え

  5. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです