メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食探訪

ならまち飲茶バル 本格中華とカレー 「医食同源」の道求め /奈良

 飲茶(ヤムチャ)とカレー。全く異なるジャンルの融合で、「本格中華」を目指す店ができた。奈良市の「ならまち飲茶バル」。2人の店主が互いの経験を生かしながら、共通の目標「医食同源」の道を求めている。【横田美晴】

 店主は寺本竹次さん(62)と、中国・南京出身の胡冬梅さん(52)。明日香村でそれぞれ、カレー店と飲茶を提供する店を経営していた2人は、3年前に共通の客を通じて知り合った。互いの料理を食べてすぐ、旬の食材や多彩なスパイス・漢方にこだわり、健康を意識する姿勢に共感。従来の店を合流させる形で先月、「飲茶バル」をオープンした。

 一押しの羊肉串(ヤンルーツァン)(3本税別500円)は、生後12カ月以内の羊の肉を串焼きにした一品。表面のスパイスが鼻をくすぐり、かぶりつくと、どこかカレーを思わせる風味と刺激が広がる。間もなく登場予定のパクチー入り餃子(ぎょうざ)(税別500円)は、もっちりした皮から緑色が透けて見えるほどパクチーがたっぷり。だが、口に含むと香りは優しく、癖のある味は気にならない。風味豊かな手作りラー油をつける…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文732文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 年300校消える公立小 「1日限定」開放で思い出に浸るOBら 滋賀・甲賀

  2. 米、日本への渡航警戒レベル引き上げ 新型コロナ感染拡大で 不要不急の旅行延期検討呼びかけ

  3. 新たに25人感染 ほとんど経路不明 クルーズ船下船者が陽性 新型肺炎

  4. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  5. 現場から 神戸・児相門前払い 把握後も報告、公表怠る 市家庭支援課、事態の矮小化目立ち /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです