メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
紀州発掘物語

/8 人物画象鏡(橋本市・隅田八幡神社) 輝き続ける「国民の宝」 /和歌山

隅田八幡神社が所有する人物画象鏡。考古資料では全国に47件しかない国宝の一つだ=和歌山・橋本市あさもよし歴史館提供

 「世界文化の見地から価値の高いもので、たぐいない国民の宝たるもの」。文化財保護法が第27条でこう定義する「国宝」は現在、美術工芸品では絵画▽彫刻▽工芸品▽書跡・典籍▽古文書▽考古資料▽歴史資料--の7分野で計890件。このうち「考古資料」は47件しかなく、そのうちの1件が橋本市隅田(すだ)町垂井の隅田八幡神社に伝わった人物画象(像)鏡だ。

 直径19・9センチ。背面に9人の人物を描き、周囲に干支年と人名、地名などが48文字で刻まれている。…

この記事は有料記事です。

残り996文字(全文1217文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです