メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州北部豪雨

朝倉市に仮設住宅延期を要望 被災者「実態の再調査を」 /福岡

仮設住宅の使用期間の延長とともに、被災者の実態を再調査するよう朝倉市側に求める九州北部豪雨の被災者ら

 朝倉市の仮設住宅で暮らす被災者を中心とするグループ「九州北部豪雨朝倉被災者の会」のメンバーら約20人が20日、市役所を訪れ、使用期間の延長を県に働きかけるよう市に申し入れた。併せて被災世帯の約9割が再建見込みとする市側の調査について、「実態を反映していない」とし、再調査を求めた。

 会は、市が調査し県に報告した被災者の生活再建状況を問題視。今年5…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元SMAP森且行選手、落車し緊急搬送 骨盤骨折で入院、全治不明

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. 「ナボナ」の亀屋万年堂 シャトレーゼが買収 和菓子拡充

  4. #自助といわれても 町から届いた冷酷な順序 ALS患者でさえ家族介護を求める行政の“誤解”

  5. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです