メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

県営住宅

全希望者に内覧 県「年内にも」 指定管理者と協議へ /宮崎

 県は、県営住宅の入居希望者が部屋の内覧を希望しても受け付けない現在の対応を改め、全ての希望者が内覧できるよう指定管理者と協議する方針を明らかにした。

 17日の県議会一般質問で瀬戸長秀美・県土整備部長が答弁した。河野俊嗣知事は閉会後の取材に「実際どんな部屋かは大変気になるところ。早急に対応してほしい」と述べた。

 県によると、現在は入居抽選で当選し資格審査を通過するまで内覧できない。県北の2192戸は事前説明会で部屋の間取り図を見せるが、配布資料で「管理上の理由により下見はできない」と説明。県央・県南の6693戸は間取り図を見せ室内写真をホームページで公開し、高齢者や障害者などに限り内覧を認めている。

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文554文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです