中朝首脳会談

中国、非核化努力を評価 北朝鮮、米に不満

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 中国の習近平国家主席は20日、北朝鮮を訪問し、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と会談した。中国中央テレビによると、両首脳は両国関係の強化で一致。そのうえで、習氏は北朝鮮側の非核化に向けた努力を評価した。これに対し、金委員長は朝鮮半島の緊張緩和に向けた自らの措置に対して、米国側から前向きな回答がないと不満をもらした。

 中国の最高指導者の訪朝は、2005年10月の胡錦濤主席(当時)以来。習氏の訪朝は13年の主席就任以来初めて。21日まで滞在する。

この記事は有料記事です。

残り378文字(全文606文字)

あわせて読みたい

注目の特集