メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

中朝首脳、視線の先に米

 中国の習近平国家主席は20日、就任後初めて訪朝し、北朝鮮側の歓待を受けながら、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長と向き合った。大阪での主要20カ国・地域(G20)首脳会議が来週に迫るなか、今回の首脳会談を機に朝鮮半島情勢の行き詰まりは打開されるのか、国際社会の視線が注がれている。

中国 会談前に蜜月強調

 20日午前、平壌国際空港には赤色のカーペットが敷かれ、1万人近い住民が両国国旗や花を持って待ち構えていた。中国中央テレビ(CCTV)などの映像によると、空港には中朝両首脳の巨大な肖像や、「血で固めた朝中両国人民の友好と団結に万歳」などのスローガンが掲げられていた。

 金委員長と妻李雪主(リソルジュ)氏が出迎える最高の待遇だった。午前11時40分、習氏が乗った専用機…

この記事は有料記事です。

残り1908文字(全文2246文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 直径1.5メートル超 巨大キノコ、埼玉・坂戸で発見 /東京

  3. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  4. ORICON NEWS 木村拓哉、埼玉のソウルフードを堪能「幅あるよ」

  5. 「しつけ…」小学校高学年の息子をバットで殴打の疑い 34歳逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです