国家戦略特区

隠蔽審査で謝礼 内閣府、原座長代理に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 国家戦略特区ワーキンググループ(WG)の原英史座長代理が指南した規制緩和提案を巡るヒアリングが隠蔽(いんぺい)された問題で、内閣府は20日、このヒアリングに出席した原氏に謝金(謝礼)を支払っていたとする行政文書を公表した。内閣府はヒアリングが「非公式の会合」と主張するが、文書は「特区WGのヒアリング」と明記されており、矛盾は深まる一方だ。

 文書は、謝礼などを支出した際に残す「支出負担行為即支出決定議決書」。20日の野党の聞き取りに内閣府が開示した。「諸謝金:国家戦略区特区WG関係省庁等からのヒアリング(10/28)」と記され、真珠養殖の規制緩和提案を巡る水産庁の「ヒアリング概要」の記録文書と一致。2015年10月28日の開催を裏付けた。金額は黒塗りにされている。

この記事は有料記事です。

残り131文字(全文467文字)

あわせて読みたい

注目の特集