メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マレーシア機撃墜

露大統領「証拠ない」 訴追を批判

 2014年7月にウクライナ東部で起きたマレーシア航空機撃墜事件でオランダなど5カ国の合同捜査チームがロシア国籍などの4人を殺人容疑で訴追したことに対し、プーチン露大統領は20日、記者団に「何の証拠も無く、満足できない」と批判した。タス通信などが伝えた。ロシアが容疑者引き渡しに応じる可能性は極めて低い。

 合同捜査チームは19日、撃墜に使われた地対空ミサイル「ブク」の搬送に関わったとして、親露派勢力「ド…

この記事は有料記事です。

残り278文字(全文480文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです