メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対立のはざまで

試練のG20/中 米中、「価値観」で溝 「仲介」日本、戦略乏しく

 「中国を国際的枠組みに招き入れることで、より開かれた寛容な社会になると願ってきたが、その希望は打ち砕かれた」

 ポンペオ米国務長官は今月3日、天安門事件発生30年に合わせた声明でそう批判した。

 米国は中国を「競合国」と捉えつつ、世界貿易機関(WTO)への加盟を支持するなど関与や対話を重視してきた。だが、政府や議会内には「話が通じる相手ではない」との不信感が拡大している。

 国務省のスキナー政策企画局長は4月末にワシントンで開かれた会合で、対中関係を「異なる文明、異なるイ…

この記事は有料記事です。

残り2169文字(全文2405文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです