メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ナスカの地上絵

3点の鳥を特定 ハチドリ、ペリカン

カギハシハチドリ類と特定したナスカの地上絵=北大総合博物館・江田真毅准教授提供

 北海道大総合博物館などの研究グループは20日、南米ペルーの世界遺産「ナスカの地上絵」の鳥の絵16点を鳥類学上の特徴から分析し、うち2点が海岸などに生息するペリカン類、1点は南米の森林地帯に生息するカギハシハチドリ類と発表した。ペルー南部の砂漠台地にあるナスカ周辺にはいずれもいなかったとみられ、グループは「制作目的の解明につながる可能性もある」と期待している。

 グループは10年近くかけて分析。ペリカン類は細長いくちばしの先端が曲がり、ちょんまげのような頭の冠…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文561文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 丸山穂高氏、饗宴の儀で不適切言動か 「何をもって泥酔していたというのか」本人は否定

  3. 「日本で問題起きた」反日批判で外務省急変 ウィーン美術展公認取り消し

  4. クマの親子とバッタリ 69歳男性、顔などかまれ重傷 滋賀

  5. 「妊娠しないで」「謝れ」「戻る場所ない」これがマタハラの実態

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです