メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ホストタウン「感謝と共生」胸に

地元小学生が見学する中で練習する米国男子体操チームの選手=千葉県船橋市の市立船橋高で18日

 2020年東京五輪の開幕まで20日で400日。世界各国の五輪やパラリンピックの選手たちを迎え入れるホストタウンも、受け入れ準備や交流が進みつつある。

 「うわーっ」「すごーい」。千葉県船橋市で米男子体操チームの合宿を見学した地元の小学生たちが18日、驚きの声を上げた。市立峰台小6年、井上凌さん(11)は「初めて体操選手を見た。筋肉がすごくて迫力があった」と笑顔。茶道体験などの文化交流に参加した19年体操ワールドカップ(W杯)東京大会優勝のサミュエル・ミクラク選手(26)は「心が洗われ、気持ちを切り替えられた。練習だけでなく日本での生活体験は、東京五輪でのアドバンテージになる」と話した。

 船橋市でのチームの合宿は昨年に続き2回目だが、同市教委生涯スポーツ課の和田直樹さん(38)は「練習と交流のバランス調整には難しい面もあった」と明かす。

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  2. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  3. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  4. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  5. 「恐怖で世界は一つになる」のか 東京オリンピック危ぶむ声 組織委は火消しに躍起

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです