メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
村上春樹ライブラリー

21年開館 設計は隈研吾さん 早大

隈研吾さん=藤井太郎撮影

 早稲田大(田中愛治総長)は20日、作家の村上春樹さん(70)からの寄贈資料を収める施設の名称を「国際文学館」(通称・村上春樹ライブラリー)とし、2021年4月に開館すると発表した。早稲田キャンパス(東京都新宿区)の4号館を一部改修して設置し、設計は建築家の隈研吾(くまけんご)さん(64)が務める。【大井浩一】

 4号館は6階建てで、村上さんが早大在学中によく足を運んだ演劇博物館の東隣に位置する。記者会見した田…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文502文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 防衛相、GSOMIA破棄の「間隙突いた」 北朝鮮弾道ミサイル

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです