メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「旅券の旧姓併記」説明資料をHP掲載へ、河野外相がツイッター投稿に対応

対応の素早さからネットで大きな話題を呼んだ河野外相のツイート

 外務省は21日、旅券(パスポート)の旧姓・別名併記に関する日本語と英語の説明資料をホームページに掲載した。河野太郎外相が今月上旬、「外務省に併記制度の資料作成に応じてもらえなかった」とする女性のツイッターの投稿に気づき、担当課に対応を指示していた。ツイッターを多用する河野氏ならではの対応だ。

 外務省によると、旧姓や別名での活動実績を証明する書類を提出すれば、旅券に記載された戸籍上の姓名の右側にカッコ書きで旧姓や別名を併記できる…

この記事は有料記事です。

残り326文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「翌月」を「翌日」 コロナ対策本部でまた言い間違え

  2. 文科省、個別入試の中止・変更をけん制 全大学に「慎重な検討」促す

  3. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです