メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米、攻撃10分前に中止 イランが無人機撃墜

カナダのトルドー首相との会談に臨むトランプ米大統領。会談に先立ち、イランによる米軍無人偵察機撃墜について記者団に「イランは大きな過ちを犯した」と語った=ホワイトハウスで20日、AP

 米国の無人偵察機が中東のホルムズ海峡付近で撃墜されたことを巡り、トランプ米大統領は21日、対抗措置としてイランの軍事関連施設への攻撃を20日にいったん承認し、同日夜になって撤回したことをツイッターで明らかにした。米国の領空侵犯を撃墜の理由に挙げるイランに対し、米国は公海上空だったと反論。13日に同海峡付近で起きたタンカー攻撃事件に続き両国の非難合戦が繰り広げられており、一触即発の状態になっている。

この記事は有料記事です。

残り2405文字(全文2606文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. ORICON NEWS HTB『チャンネルはそのまま!』民放連賞・最優秀賞の快挙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです