メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

トランプ氏がイランに警告 対話求めるメッセージも

 イランによる米国の無人偵察機撃墜を巡り、トランプ米大統領が20日夜、中東のオマーンを介してイラン側に「(米軍による)攻撃が差し迫っている」と警告を送っていたことが明らかになった。トランプ氏は「戦争は望まない」として、対話を求めるメッセージも送っていた。ロイター通信が21日、複数のイラン政府高官の話として伝えた。

 イラン高官によると、トランプ氏は「イラン政府とさまざまな課題について対話したい」として即座の対応を求めた。だが、イラン側は「最高指導者ハメネイ師が決定することだ」と回答。これまでハメネイ師が安倍晋三首相との会談でも主張したように、米国との直接対話をする意思がないことを明確に伝えたという。

この記事は有料記事です。

残り702文字(全文1004文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「森三中」黒沢かずこさんが新型コロナウイルスに感染 発熱後、味覚異常残り受診

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 現金給付 「自己申告制」で1世帯30万円支給へ 「収入減」示す書類求める

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです