メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中朝首脳会談が終了 非核化や米朝関係、言及せず 北朝鮮報道

平壌の錦繡山迎賓館で中国の習近平国家主席(左)と歓談する金正恩朝鮮労働党委員長=2019年6月20日、朝鮮中央通信・朝鮮通信

 中国の習近平国家主席と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は21日、平壌で20日に続き首脳会談を行った。中国国営新華社通信によると、習氏は「双方の努力により、今回の訪問による共通認識が着実に実行されることを期待する」と述べ、金氏も「現在の朝中は家族のように密接に関わり合い、協力している」と応じた。習氏はその後、2日間の公式訪朝を終えて帰国した。

 中国側報道によると習氏は20日の会談で北朝鮮による非核化に向けた努力を評価し、米朝協議の継続を促し…

この記事は有料記事です。

残り433文字(全文660文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 干され、食べられ… アジになりきる新施設、沼津に登場

  2. 聖火ランナー、くまモンはダメ 熊本県打診に組織委「人でない」

  3. 安倍首相は“テフロン加工” 桜を見る会、海外の反応は「えこひいき」

  4. ユネスコ無形文化遺産で初の抹消 ベルギーのカーニバル「山車に人種差別的表現」

  5. 元幕内・潮丸 東関親方が死去 41歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです