メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

手弁当で日本語指導10年 75歳、児童らに慕われ 滋賀・サンタナ学園

ボランティアで指導を続ける北村薫さん(左)=滋賀県愛荘町のブラジル学校「コレジオ・サンタナ学園」で2019年6月13日午前10時48分、大澤重人撮影

 滋賀県愛荘町にあるブラジル学校「コレジオ・サンタナ学園」で、学習参考書の元編集者、北村薫さん(75)=同県彦根市=が10年前から、小学生を対象にした日本語指導をボランティアで続けている。孫ほどの年齢の日系人児童らから慕われている北村さんの周りには、いつも子どもたちの笑顔がある。「体の続く限り、教えたい」。北村さんは張り切っている。

 「ステファニエ、『ら』を書いてみよう。いち、にー、よし、いいぞ」。3年生の女児がホワイトボードの手…

この記事は有料記事です。

残り822文字(全文1039文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 高校野球 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  4. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです