メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「エサンベ小島」消えていた 領海に影響も 波間に捜してみた

 「島が消滅している」。海上保安庁に昨年秋、こんな情報が寄せられた。島とは、オホーツク海に浮かぶ北海道猿払村(さるふつむら)の無人島「エサンベ鼻北小島(はなきたこじま)」。日本の領海の基準点となる「国境離島」の一つで、内閣府によると、全国にある484の国境離島のうち消失したものは他にないという。5月、島を捜しに海に出た。【源馬のぞみ】

 満潮時をほぼ迎えた5月20日午後。記者は地元の漁師、羽田健次さん(70)の漁船に乗り、穏やかな波間を進んだ。島があるはずの海域まで10分。「このあたり」と羽田さんが船から約15メートル先の海上を指した。しかし、何も見当たらない。

この記事は有料記事です。

残り742文字(全文1025文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「もう一度めぐみを…」 講演1400回、署名1300万超…声を力に訴え続け 横田滋さん死去

  2. 東京メトロ虎ノ門ヒルズ駅が開業 日比谷線全線開業から56年で初の新駅

  3. ORICON NEWS 生田斗真&清野菜名が結婚発表「お互いを支え合いながら共にこの危機を乗り越え」

  4. 自衛隊員の「テンピン停職」知りながら…法務省、黒川氏処分の「参考にせず」

  5. 「9月入学」狂騒曲 首相「指示」で始まったが…文科省幹部「最初から無理だと」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです