大阪府・市の職員が記者の取材を無断録音 法定協終了後の議員との会話 

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 21日に大阪府庁であった大阪都構想の法定協議会の終了後、自民党の府議団幹部と市議団幹部に毎日新聞の記者が個別に取材していた際の会話を、法定協事務局の府と市の共同部局「副首都推進局」の男性職員2人が無断で録音していた。増田健次・制度企画担当課長は「委員(議員)の考えや本音を把握したかった。今後はやめる」と謝罪…

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文388文字)

あわせて読みたい

注目の特集