メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦世そして 沖縄戦74年

基地あるゆえのリスク今も シュワブに眠る哀しみ 伝え続けるウチナーンチュたち

テントやかやぶきの小屋が建ち並ぶ大浦崎収容所=1945年7月撮影(沖縄県公文書館所蔵)

 政府による米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設工事が進む名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ。名護市で暮らす山城利正さん(79)は隊舎が並ぶフェンスの先を見つめ、「風景が変わってしまった」とつぶやいた。山城さんは太平洋戦争末期の沖縄戦で米軍の捕虜になり、今では基地となった地にあった大浦崎収容所で一時期を過ごした。

 収容所は旧日本軍の組織的戦闘が終わった1945年6月下旬から約4カ月間設置された。沖縄本島北部の今…

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1194文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです