特集

沖縄戦

「鉄の暴風」が吹き荒れた沖縄戦から76年。約3カ月に及んだ地上戦は住民を巻き込み、日米合わせて計約20万人が犠牲となった。

特集一覧

戦世そして 沖縄戦74年

基地あるゆえのリスク今も シュワブに眠る哀しみ 伝え続けるウチナーンチュたち

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
テントやかやぶきの小屋が建ち並ぶ大浦崎収容所=1945年7月撮影(沖縄県公文書館所蔵)
テントやかやぶきの小屋が建ち並ぶ大浦崎収容所=1945年7月撮影(沖縄県公文書館所蔵)

 政府による米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設工事が進む名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ。名護市で暮らす山城利正さん(79)は隊舎が並ぶフェンスの先を見つめ、「風景が変わってしまった」とつぶやいた。山城さんは太平洋戦争末期の沖縄戦で米軍の捕虜になり、今では基地となった地にあった大浦崎収容所で一時期を過ごした。

 収容所は旧日本軍の組織的戦闘が終わった1945年6月下旬から約4カ月間設置された。沖縄本島北部の今帰仁(なきじん)村と本部(もとぶ)町、離島の伊江(いえ)島の住民計2万人以上が町村別に分けられて強制収容され、山肌にテントやかやぶきの粗末な小屋を建てて暮らした。

この記事は有料記事です。

残り903文字(全文1194文字)

【沖縄戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集