メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

中国スパコンに禁輸 ハイテク覇権争い激化

 米商務省は21日、スーパーコンピューター開発を手掛ける中国の5企業・団体を、米国の安全保障上のリスクがある「輸出規制リスト」に追加すると発表した。24日に官報に公示し、対象企業・団体に対する半導体などの米製部品の輸出を事実上禁止する。米政府は5月に中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)にも同じ禁輸措置を発動しており、米中のハイテク覇権争いが一段と激化した。

 禁輸措置の対象は、スパコン大手の曙光信息産業と関連会社3社、中国人民解放軍系の研究所。輸出規制リス…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文592文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです