メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読む写真

Photo ひめゆりの友を語る

「今日もちゃんとお話しできますように」。南風原(はえばる)の沖縄陸軍病院に動員された240人の写真に語りかける証言員の島袋淑子さん。このうち136人が戦火に散った=沖縄県糸満市のひめゆり平和祈念資料館で2019年6月19日、森園道子撮影

 23日で開館30周年を迎える沖縄県糸満市のひめゆり平和祈念資料館。ライトに照らされた240の顔に歩み寄った島袋淑子(よしこ)さん(91)は、そっとお辞儀をした。「今日もちゃんとお話しできますように」。

 並んだ古い顔写真を見つめ、自らの壮絶な戦争体験を語る展示室へ向かった。

 激しい地上戦となった沖縄戦で、当時17歳の島袋さんは「ひめゆり学徒隊」のひとりだった。写真の240人は、ともに陸軍病院に動員された生徒と教職員だ。このうち、136人が戦火に散った。「『生き…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文581文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです