メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
チェック

国境離島、ない!? 命名5年、浸食か オホーツク海・エサンベ鼻北小島

 「島が消滅している」。海上保安庁に昨年秋、こんな情報が寄せられた。島とは、オホーツク海に浮かぶ北海道猿払村(さるふつむら)の無人島「エサンベ鼻北小島(はなきたこじま)」。日本の領海の基準点となる「国境離島」の一つで、内閣府によると、全国にある484の国境離島のうち消失したものは他にないという。5月、島を捜しに海に出た。【源馬のぞみ】

 満潮時をほぼ迎えた5月20日午後。記者は地元の漁師、羽田健次さん(70)の漁船に乗り、穏やかな波間…

この記事は有料記事です。

残り676文字(全文894文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです