メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eye

沖縄の台所、転換点

 “沖縄の台所”と呼ばれ、市民や観光客に人気の「第一牧志公設市場」(那覇市)が、老朽化による建て替えのため、16日で現施設での営業を終えた。市場に約100店舗、周辺に数百店舗がひしめく沖縄きっての商業地区で、中核を担ってきた公設市場が転機を迎えている。

 戦後の闇市を発端に、1950年にトタン屋根のバラックで市場は開設された。当時は近くの川が大雨であふれては水浸しになっていたが、市が示した移転計画は市場関係者に猛反発されて頓挫。市場の大部分が焼失する火災などを経て同じ場所に建て替えられ、72年10月、本土復帰の5カ月後に開業した。

 トタン屋根時代の市場を知る精肉店「美里(みさと)食肉」の美里和子さん(78)は、14歳の時、出稼ぎ…

この記事は有料記事です。

残り631文字(全文948文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです