メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

楽庫・お薦め!!

クミコ「最期」を見つめる新曲ほか

 <楽庫(らっこ)>

 ★クミコ「最期」を見つめる新曲

 「このところ、人間の死を見つめる曲が多くて。終活歌手って言われそう」と、クミコらしいひねったユーモアを使って、最近の活動を表してみせた。昨年3月発表の曲が、10歳の子供を亡くした米国の母親の詩を基にした「最後だとわかっていたなら」。今年の新曲が、亡くなった妻の詩を見付けた夫の投稿から生まれた「妻が願った最期の『七日間』」(ともにコロムビア)と、どちらも旅立つ人間と送る人間の関係を描いた歌なのである。

 「技術的には、上下2オクターブあるので、挑戦しがいのある難曲だった。内容的には、大げさ過ぎても軽過…

この記事は有料記事です。

残り581文字(全文859文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  2. 巨人・坂本勇「主将になって4年間、プロ野球人生で一番苦しんだ」

  3. 松山大元教授を不起訴 当時の学生ら5人も 松山地検 

  4. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです