メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイド視聴室

ゲゲゲの鬼太郎 現代社会をピリッと風刺

 1968年の初のアニメ化から50周年を迎えた昨年、6期目のシリーズとして放送を開始。今年4月に2年目に入り、新章「地獄の四将編」がスタートした。新章では鬼太郎に、地獄から逃げ出した妖怪「大逆の四将」を捕らえる試練が課されている。それは前章の終盤で、魂ごと消滅した仲間のねこ娘を復活させた代わりに、閻魔(えんま)大王と交わした密約に基づくものだった。

 物語は、四将の捕縛を中心に進むが、現代社会のひずみを風刺するテイストは変わらない。今月23日の次回「豆腐小僧のカビパンデミック」では、豆腐を運ぶ可愛らしい妖怪の豆腐小僧が、女性アイドルグループのメンバーのカナと出会う。握手会も苦手で自己肯定力が弱いカナの様子を見て、マネジャーとなって手助けするが、果たして--。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文539文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  2. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. アベノマスク8億円検品、穴だらけ 不良発覚後の契約、消えた瑕疵担保責任…

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです