メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松沢一憲のVライン

G1 切れ味非凡、マカヒキ (日曜競馬)

阪神11R・宝塚記念(G1)WIN5<5>=今年のサマーグランプリ「宝塚記念」は12頭で争われる。ファン投票1位のアーモンドアイこそ不在だが、昨秋の天皇賞(秋)馬で2位のレイデオロ、3位キセキ、4位アルアインなどG1馬6頭を含む豪華メンバーがそろった。

 過去10年のデータで傾向を探ってみたい。

 レースは14、17、16、16、11、12、16、17、11、16頭立て。連対馬は(2)(3)、(8)(1)、(6)(1)、(1)(2)、(2)(5)、(1)(9)、(6)(10)、(8)(1)、(3)(5)、(7)(10)番人気の組み合わせで決まった。上位1~3番人気の5、3、2連対はもの足りない成績で、代わりに5~10番人気からそれぞれ2、2、1、2、1、2頭が連対している。

この記事は有料記事です。

残り1748文字(全文2087文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟駅前ビルで刺された20代女性死亡 3人組の男が待ち伏せの情報も

  2. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

  3. 阪神間拠点の半グレ10人、車で知人はねバールで?刺す 殺人未遂容疑などで逮捕

  4. 八戸女児切りつけ 殺人未遂容疑で14歳少年を逮捕 「殺すつもりだった」供述

  5. 漫画喫茶刺殺 検察「紙めくる音にいらだち殺害」 被告側は責任能力の有無争う 名地裁初公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです