メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

沖縄戦

100歳、今語る 元上等兵「戦争は不幸」

沖縄戦で砲弾の破片が貫通し、今も不自由なままの右腕を示す吉村章さん。右奥は妻晴子さんの遺影=大阪市都島区で2019年6月19日、久保玲撮影

 沖縄は23日、太平洋戦争末期の沖縄戦の犠牲者を追悼する「慰霊の日」を迎える。海を埋め尽くす米軍艦船と降り注ぐ艦砲射撃、逃げ場なく死んでいった兵士や住民。元陸軍上等兵として沖縄戦を経験した吉村章さん(100)=大阪市都島区=は「言葉にできないような悲惨な光景だった。戦争は不幸しか生み出さない」と訴え続けている。【岡崎英遠】

 奈良県橿原市生まれ。1940年に召集され香港攻略などに従軍した。3年後に召集解除となったが44年12月、大阪歩兵第8連隊に再召集され沖縄本島に送られた。戦況は日に日に悪化していた。後に妻となる婚約者の晴子さんからは「生きて帰ってきて」と言われた。

この記事は有料記事です。

残り1034文字(全文1320文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです