メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

憂楽帳

顔が見える農業

 「国の根幹はまさに農である」というメッセージがインドネシア語で書かれた名刺をもらった。持ち主は群馬県にあるJA邑楽(おうら)館林の小沼康行さん(45)。農協のノウハウをインドネシアの農家に伝えるプロジェクトの事前調査でジャカルタ入りした。

 JA全中と国際協力機構(JICA)が進める事業で、JA邑楽館林が第1号案件を担当することになった。インドネシ…

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文439文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです