メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レインボーパレード

「いつか当たり前の存在に」 性の多様性、社会の理解願い歩く 青森で30日 /青森

パレードの準備をする築城隼人さん(右)と共同代表の宇佐美翔子さん=青森市内で

 性の多様性をアピールする「青森レインボーパレード」が30日、青森市中心街で行われる。今年で6回目を迎え、参加者は年々増加している。ただ、性的少数者に対する社会の理解がまだ十分とはいえないのが現状だ。新しく実行委員会の共同代表を務めるバイセクシュアル(両性愛者)の会社員、築城隼人さん(22)=弘前市=は「いつか自分たちの存在が当たり前になってほしい」と話している。【岩崎歩】

 築城さんは高校2年の時に自身が両性愛者であることを自認した。大学時代に好きな男性ができたが、関係が…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文996文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです