メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レインボーパレード

「いつか当たり前の存在に」 性の多様性、社会の理解願い歩く 青森で30日 /青森

パレードの準備をする築城隼人さん(右)と共同代表の宇佐美翔子さん=青森市内で

 性の多様性をアピールする「青森レインボーパレード」が30日、青森市中心街で行われる。今年で6回目を迎え、参加者は年々増加している。ただ、性的少数者に対する社会の理解がまだ十分とはいえないのが現状だ。新しく実行委員会の共同代表を務めるバイセクシュアル(両性愛者)の会社員、築城隼人さん(22)=弘前市=は「いつか自分たちの存在が当たり前になってほしい」と話している。【岩崎歩】

 築城さんは高校2年の時に自身が両性愛者であることを自認した。大学時代に好きな男性ができたが、関係が…

この記事は有料記事です。

残り758文字(全文996文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです