メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シナイモツゴ

元気で! 育てた小学生放流 大崎のため池 /宮城

育てたシナイモツゴを池に放流する児童=宮城県大崎市鹿島台で

 環境省のレッドリストで「ごく近い将来に野生での絶滅の危険性が極めて高い」(絶滅危惧1A類)とされるシナイモツゴの放流会が20日、大崎市鹿島台のため池であった。NPO法人「シナイモツゴ郷の会」が、長く活動が続くようにと、毎年開いている。

 放流されたのは、約700匹。同会が取った卵から、同市立鹿島台小、美里町立小牛田小、東松島市立鳴瀬桜華小、石巻市立開北小の…

この記事は有料記事です。

残り269文字(全文448文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 幸福度1位 フィンランドに見るゆとりと透明性

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです