メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山口大

来月から全3キャンパス、敷地内禁煙に 法改正など受け決定 /山口

 山口大が7月1日から全3キャンパスで敷地内禁煙になる。学生から受動喫煙について相談を受けた総務省中国四国管区行政評価局の呼び掛けと、改正健康増進法の一部が7月に施行されるのを受け、決定した。

 改正健康増進法により、7月から行政機関や学校、病院などが敷地内禁煙となり、屋外で一定条件を満たした場合のみ喫煙所を設置できる。山口大では、これまで小串キャンパス(宇部市)や付属学校園で全面禁煙としていたが、吉田(山口市)、常盤(宇部市)両キャンパスでは分煙にしていた。

 一方で昨年3月、「中国地方の国立大の1年生」から「学内喫煙所の煙で不快な思いをする」と相談を受けた評価局が、山口、島根、広島3大学に受動喫煙防止対策を要請。当時、キャンパス内に約30の喫煙所があった山口大は、教員や学生への聞き取り調査などを経て喫煙所を削減してきた。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文772文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 匿名の刃~SNS暴力考 「自分の中の正義感が暴走」 ネット中傷加害者が語る投稿の理由

  3. 「市にうそつきと思われショック」児童扶養手当、突然の打ち切り 元夫の意外な行動

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 午後8時以降に銀座クラブ 自民・松本氏と公明・遠山氏が陳謝 週刊誌報道認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです