田川市

恋愛の聖地に 寄り添う「二本煙突」にあやかり、オブジェ3基設置へ /福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 田川市は今年度、100年を超えて寄り添う市のシンボル・二本煙突を「恋愛の聖地」に見立てて誘客を図る新事業に取り組む。24日開会の市議会6月定例会に提出する一般会計補正予算案に3基程度のオブジェ制作費600万円を盛り込んだ。

 飯塚市の八木山展望台でハート形を組み合わせた「しあわせの鐘」(高さ約3・6メートル)を手がけたアート作家、そのだ正治さんに制作を依頼する予定。高さ約45メートルの…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

あわせて読みたい

ニュース特集