アオバズク・ササゴイ

子育て真っ最中 行橋・正八幡宮に営巣 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 行橋市神田町の正八幡宮のクスの老木に今年も、アオバズクのつがいが住み着ついた。サギ科の渡り鳥、ササゴイも集団で境内に営巣し、子育てに大忙しの日々だ。

 アオバズクは体長約30センチ。東南アジアで冬を過ごし、繁殖のため初夏に日本へ飛来する。撮影した日本野鳥の会筑豊支部の下田さんによると、雌は樹洞(じゅ…

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文343文字)

あわせて読みたい

注目の特集