連載

本明川の鳥たち

長崎県諫早市内の中心街を流れる本明川は、市民だけでなく鳥たちにとってもオアシスだ。川沿いを歩いて、出くわした野鳥を紹介する。

連載一覧

本明川の鳥たち

アオサギ 涼しげな姿、夏の季語に /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
川魚を捕まえるアオサギ=長崎県諫早市の本明川で2019年5月9日午後5時45分、足立旬子撮影
川魚を捕まえるアオサギ=長崎県諫早市の本明川で2019年5月9日午後5時45分、足立旬子撮影

 夕暮れ時、諫早神社(諫早市宇都町)前の本明川で、アオサギが抜き足差し足、歩き回っていた。突然立ち止まって体をかがめると、黄色いクチバシを水に突っ込み、大きな魚を捕まえた。数回に分けて飲み込んだ。

 体長約90センチ。両翼を広げると約1・6メートルにもなり、国内にいるサギの仲間の中では最も大きい。首や…

この記事は有料記事です。

残り157文字(全文307文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集