イラン

米無人機撃墜 米、イランに警告 対話求めメッセージも

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 イランによる米国の無人偵察機撃墜を巡り、トランプ米大統領が20日夜、中東のオマーンを介してイラン側に「(米軍による)攻撃が差し迫っている」と警告を送っていたことが明らかになった。トランプ氏は「戦争は望まない」として、対話を求めるメッセージも送っていた。ロイター通信が21日、複数のイラン政府高官の話として伝えた。

 イラン高官によると、トランプ氏は「イラン政府とさまざまな課題について対話したい」と即座の対応を求めた。だが、イラン側は「最高指導者ハメネイ師が決定することだ」と回答。これまでハメネイ師が安倍晋三首相との会談でも主張したように、米国との直接対話をする意思がないことを明確に伝えたという。

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文553文字)

あわせて読みたい

注目の特集