メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中朝

蜜月を誇示 習氏訪問自体が成果

 中国の習近平国家主席は20、21両日の北朝鮮訪問中、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長とともに、首脳会談や歓迎夕食会、マスゲーム・芸術公演などの日程をこなし、中朝関係の「蜜月」ぶりを誇示した。

 北朝鮮の国営メディアは21日、習氏訪朝を大々的に報じた。朝鮮労働党機関紙・労働新聞は、紙面を通常の6面から10面に増やし、うち8面を割いて計60枚の写真を掲載。会談の具体的内容よりも歓待ぶりを強調する内容で、国内的には中国の最高指導者の訪朝自体を金委員長の成果として強調する狙いがあるとみられる。

 北朝鮮側は習氏を異例の厚遇でもてなした。宿舎は北朝鮮メディアで初登場した「錦繍山(クムスサン)迎賓…

この記事は有料記事です。

残り1949文字(全文2249文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

  2. 40代半ば ソウル下宿日記 韓国人客の消えた対馬に釜山から行ってみた

  3. 「中村先生の命を守れなかった。ごめんなさい」 成田に在日アフガン人ら集まる

  4. 菅官房長官、桜を見る会「説明足りないとも思う」「国民から理解されていない」

  5. 「納得されていない方がたくさん」「疑惑というのは、よく分かりません」 菅長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです