メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G20サミット

大阪で28、29日 深まる米中対立、融和模索

G20サミットの主会場となる人工島・咲洲=大阪市住之江区で、本社ヘリから

 主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が28、29日、日本で初めて開催される。会場となる大阪市には、世界各地の先進国、新興国首脳や国際機関のトップが集結。経済政策や貿易、地球環境問題などを議論する。米中2大大国の貿易戦争が激しさを増し、世界経済の先行き不透明感も強まる中、会議や首脳外交を通じて安定と融和のメッセージを発信することができるか。議長国・日本の調整力も試されそうだ。

 安倍政権はG20サミットについて外交成果をアピールする機会と捉え、準備を進めてきた。だが、主要議題を巡る参加各国の主張には隔たりもあり、議長国として首脳宣言の取りまとめに向けた議論をリードできるかが問われている。

この記事は有料記事です。

残り4468文字(全文4770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです