G20サミット

大阪で28、29日 深まる米中対立、融和模索

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
G20サミットの主会場となる人工島・咲洲=大阪市住之江区で、本社ヘリから
G20サミットの主会場となる人工島・咲洲=大阪市住之江区で、本社ヘリから

 主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)が28、29日、日本で初めて開催される。会場となる大阪市には、世界各地の先進国、新興国首脳や国際機関のトップが集結。経済政策や貿易、地球環境問題などを議論する。米中2大大国の貿易戦争が激しさを増し、世界経済の先行き不透明感も強まる中、会議や首脳外交を通じて安定と融和のメッセージを発信することができるか。議長国・日本の調整力も試されそうだ。

 安倍政権はG20サミットについて外交成果をアピールする機会と捉え、準備を進めてきた。だが、主要議題を巡る参加各国の主張には隔たりもあり、議長国として首脳宣言の取りまとめに向けた議論をリードできるかが問われている。

この記事は有料記事です。

残り4468文字(全文4770文字)

あわせて読みたい

ニュース特集