メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対立のはざまで

試練のG20/下 「温暖化」でも米孤立 パリ協定、見えぬ着地点

北海道・宗谷丘陵にある大規模風力発電施設=稚内市で2016年7月、本社機「希望」から手塚耕一郎撮影

 「気候変動のせいで人々が家を失い、移住を余儀なくされている。もはや地球温暖化が原因の災害が起きない日はない」。国連のグテレス事務総長は5月28日、ウィーンで開催された温暖化に関する会議で、気象災害が及ぼす世界各地の危機的な状況を強調した。

 米保険仲介大手エーオンによると、2018年に世界で発生した気象災害による損失は2150億ドル(約23兆2000億円)。ハリケーンや米カリフォルニア州の過去最悪の山火事、日本の台風21号、西日本豪雨などが上位を占めた。

 多くの異常気象や山火事は温暖化との関係が指摘される。同社は「破局的なリスクが拡大している」と警告した。世界経済フォーラム(本部ジュネーブ)が世界の政財界のリーダー約1000人に聞いて今年1月に公表した報告書では、世界で発生する可能性が高いリスクとして異常気象を挙げた人が最も多かった。

この記事は有料記事です。

残り1907文字(全文2279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. ORICON NEWS 優香、志村けんさん追悼 コント番組で長年共演「とてもとても悲しいです」[コメント全文]

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. ファクトチェック 「死者数もっと多い」は本当か 死因不明の遺体「コロナだったら…」葬儀業界困惑

  5. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです