メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

対立のはざまで

試練のG20/下 「温暖化」でも米孤立 パリ協定、見えぬ着地点

北海道・宗谷丘陵にある大規模風力発電施設=稚内市で2016年7月、本社機「希望」から手塚耕一郎撮影

 「気候変動のせいで人々が家を失い、移住を余儀なくされている。もはや地球温暖化が原因の災害が起きない日はない」。国連のグテレス事務総長は5月28日、ウィーンで開催された温暖化に関する会議で、気象災害が及ぼす世界各地の危機的な状況を強調した。

 米保険仲介大手エーオンによると、2018年に世界で発生した気象災害による損失は2150億ドル(約23兆2000億円)。ハリケーンや米カリフォルニア州の過去最悪の山火事、日本の台風21号、西日本豪雨などが上位を占めた。

 多くの異常気象や山火事は温暖化との関係が指摘される。同社は「破局的なリスクが拡大している」と警告し…

この記事は有料記事です。

残り2000文字(全文2279文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです