メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

住・LIVING

すっきり夏の台所 生ゴミ、新聞紙で臭い防止

[1]土井さん宅の生ゴミ用ゴミ箱にはふたがない

 <くらしナビ ライフスタイル>

 スーパーやコンビニで配布されるプラスチック製レジ袋が、早ければ来年4月にも完全に有料化される。値段も気になるが、プラスチックゴミ削減は世の流れだ。折しも、蒸し暑く家庭の生ゴミ処理で「臭い」が気になる季節。生ゴミ処理にレジ袋を使う家庭は少なくないが、使わずに快適に処理できないものか。専門家の台所をのぞかせてもらった。

 兵庫県宝塚市に訪ねたのは、生ゴミ用のゴミ箱にふたをしない暮らしを30年近く続けているという、消費生活アドバイザーの土井けいこさん。

この記事は有料記事です。

残り1448文字(全文1689文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. 新型肺炎 クルーズ船乗客2人死亡 早期診察でも重症化

  5. 検事長定年延長、法解釈変更文書に日付なし 野党反発「奇妙な珍答弁」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです