メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米無人機撃墜でイラン「何度も警告を発した」 死傷者出さない配慮強調

 米軍の無人偵察機「グローバルホーク」がイラン南部のホルムズ海峡付近で撃墜された事件で、最高指導者ハメネイ師直属の精鋭軍事組織「革命防衛隊」幹部は21日、「われわれは何度も警告を発した」と述べ、撃墜は正当な行為だったと主張した。一方で無人機と一緒に飛行していた有人の米哨戒機には「35人が乗っていたため、攻撃しなかった」とも述べ、イラン側による「配慮」も強調。米側に死傷者が出る事態を回避したと説明した。

 国営イラン放送は21日、撃墜現場の海域から回収した無人機の残骸とされる物体の映像を公開。幅約1メー…

この記事は有料記事です。

残り347文字(全文599文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  4. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです